ニキビ跡を素早く治療~ニキビ跡なら任せなサイト~

女の人

ビタミンを増やす

美容整形

美容外科でニキビ跡の治療を行う前に、どのタイプのニキビ跡か把握しておくと治療の際に役立つかもしれません。基本的にニキビ跡には2つのタイプがあるといわれています。顔に凹んだ穴が複数あるように見える凸凹タイプのニキビ跡と、赤みが目立つ色素沈着タイプのニキビ跡があります。それぞれ、人の肌質や発生したニキビによって、跡の種類は変わってきます。凸凹タイプのニキビ跡も、色素沈着タイプのニキビ跡も顔まわりにあると目立つことが多く口コミサイトでも改善したいという声が上がっています。それぞれのニキビ跡を治療するためには、美容外科に行く必要がありますが、タイプによって向いた治療方法があります。凸凹タイプのニキビ跡を治療するのに向いているといわれる治療方法の一つが、コラーゲンや潤い成分を補う効果のあるレーザー治療です。レーザー治療には沢山の種類がありますが、特に潤い成分の機能を改善させる効果を持ったレーザー治療は特に効果が高いといわれています。凸凹タイプのニキビ跡は強い刺激によって潤い成分の機能に問題がおこって発生するため、レーザー治療で潤い成分の機能を改善することが大切なのです。最近では炭酸ガスを活用して、肌の内部に炭酸の刺激を与えることで凸凹を改善するレーザー治療もあります。凸凹タイプのニキビ跡を治すには時間がかかるといわれていますが、そのような方法で治療を行うことで改善することができるのです。口コミでも凸凹タイプのニキビ跡に効果がある治療として炭酸ガスのレーザーに注目が集まっています。

色素沈着タイプのニキビ跡はレーザー治療を行わずに治療をすることも可能です。色素沈着タイプのニキビ跡の治療にはターンオーバーによって治すという方法があります。ケミカルピーリングといわれた方法でも色素沈着タイプのニキビ跡を治すことができます。特定の薬剤を塗布するだけの治療のため手間をかけずすぐに治療を行えるケミカルピーリングは特に効果がありません。ケミカルピーリングでは角質を落とすことができるため、より肌を全体的に新しくすることが可能です。また、ケミカルピーリングを行うことで色素沈着タイプのニキビ跡を治すだけでなく、肌そのものを明るく見せることも可能です。最近ではビタミンイオンという方法で、色素沈着タイプのニキビ跡を治す方法もあります。ニキビ跡の改善には欠かせないビタミンを特殊な機器を活用して肌の内部に送ることでその効果を壊さず肌に伝えることが可能です。この方法で治療するとほとんど時間を必要とせず治療することができるため、治療後にメイクを行うことも可能です。それぞれのタイプに合わせてどのような治療をするかによって根本的な改善ができるかどうか変わってきます。